フリマ

メルカリで楽器(ギター・ベース)を売る方法と梱包・配送方法

こんにちは、mocoです😊

楽器を売りたいとき

「なるべく高く売る方法ないかな?」
「メルカリって楽器売れるの?」
「メルカリと楽器店と比較してどっちがいいの?」
「メルカリで楽器の配送方法ってどうやるの?」
「メルカリで楽器を売るデメリットは?」

と考えたことはありませんか?

結果から言いますとメルカリで楽器を売ることも可能ですし、楽器店より高く売ることができます!

不要になった楽器をなるべく高く売りたいと考えているあなたにメルカリをおすすめします。

実際にメルカリでギターやベース、機材を売ったことがある私がメルカリでの楽器の売り方、梱包方法、配送方法、デメリットを解説していきたいと思います!

楽器店のギター・ベースの買取価格と実際にメルカリで売れた価格を比較

ベース2本とギター1本を売った合計金額で比較してみました。

ある楽器店の宅配買取で査定してみたところ合計43,000円でした。
*メルカリで実際に買われた方がいるので型番などは念のため隠しています

思ったよりも安くてびっくりしましたね….😂

メルカリで同じ楽器を売ってみたところ合計95,440円でした。
(メルカリ販売手数料、送料を除いた手元に残った金額です。)
*メルカリで実際に買われた方がいるので型番などは念のため隠しています

以下、詳細です。

Fender Japan 36,320円(+12,320円)
(売価45,000円、販売手数料4,500円、送料4,180円)

YAMAHA 改造品 44,820円(+32,820円)
(売価49,800円、販売手数料4,980円、送料0円)

Epiphone 14,300円(+8,300円)
(売価22,000円、販売手数料2,200円、送料5,500円)

楽器店とメルカリを比較してみた結果

楽器店よりもメルカリで売ったほうが52,440円も得しました!

特に改造品は楽器店よりも高く売れましたね🙄

メルカリで楽器(ギター・ベース)を出品する準備

メルカリで楽器を出品する手順を解説していきます。

メルカリに登録する

まだメルカリを始めていない人は登録から行います。

メルカリの登録方法は以下の記事で解説していますので参考にしてください。

【画像付き】メルカリの会員登録をメールアドレスで行う方法をわかりやすく説明しますこんにちは、mocoです! CMなどでもよく見かけるフリマアプリの『メルカリ』。 メルカリは家にある不用品や自分で作ったハン...

メルカリのプロフィールを書く・住所の設定

メルカリの出品前の準備として、まずプロフィールを書きます。
そして発送元・お届け先住所の設定をします。

こちらでプロフィールの書き方を解説していますので参考にしてください。

【画像付き】メルカリ出品前の設定~プロフィールの書き方、例文と住所登録~こんにちは、mocoです😊 フリマアプリのメルカリの出品前の設定には プロフィールの設定 発送元・...

メルカリで楽器を出品する方法

メルカリで楽器(ギター・ベース)の写真を撮影する

ホーム画面下の『出品📷』を押します。

次の画面で『写真を撮る📷』を押します。

『写真撮影(10枚まで)』を行い、『完了』を押します。

楽器の全体・メーカーのロゴ・ネック・ボディ・背面・傷の箇所を撮影しましょう

楽器・音楽機材を中心に取り扱うデジマートの中古楽器の写真を参考に撮影してみましょう!

 

メルカリで商品情報(商品説明・配送方法・販売価格)を入力する

商品の詳細

  • カテゴリー
    おもちゃ・ホビー・グッズ⇒楽器/器材から出品する楽器の種類を選択
  • 商品の状態
    傷がある場合は正直に『傷や汚れあり』を選択しましょう
    ⇒嘘を書くとクレームになるので、絶対にやめましょう!

商品名と説明

  • 商品名(40文字まで)
    品名、型番、製造年、弦数などを書く
    ⇒品名はカタカナも入れておくと検索でヒットしやすくなります
    例:Fender(フェンダー)、YAMAHA(ヤマハ)
  • 商品の説明
    品名、型番、製造年、弦数、ジャックのガリ有無フレットの減り、ネックの状態、トラスロッドの締め具合、傷の有無、使用木材、重量、ケースの有無、音色、付属品の有無、商品の購入時期(使用期間)など

商品の説明例:
2015年ごろに新品で購入。
シリアルナンバーから2014年製と思われます。
購入してから1度もトラスロッドは回していません。
素人判断ですが、ネックの状態はやや順反りで問題ありません。
フレットは8割ほど残っています。
ジャックのガリなどはなく動作良好で演奏するのに支障はありません。
目立った傷は特にありませんが、中古品ですので細かい傷や打痕があることはご理解ください。

自分で商品の状態が判断できない場合は、一度楽器店で買取査定を行ってください。

査定価格の評価基準を聞くことで、楽器のプロに商品の状態を確認してもらいましょう。
例:ジャックに若干ガリ有、トラスロッド締める方向に余裕なし、ネックやや順反りで問題なしなど

もしこのとき楽器店の査定で納得できる値段であれば売るのもありです!

 

近くに楽器屋さんがない方におすすめ↓↓↓


楽器・音楽機材を中心に取り扱うデジマートの中古楽器の商品説明欄やメーカーHPを参考にすると売れやすくなります!

配送について

  • 配送料の負担
    送料込み(出品者負担)が売れやすいのでオススメ
  • 配送の方法
    『クロネコヤマト』か『ゆうパック』か『未定』を選択
    (『未定』の場合は佐川急便)
    ⇒らくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便などは
  • 配送元の地域
    楽器を配送する都道府県を選択
  • 発送までの日数
    1~2日で発送が売れやすいのでオススメ

佐川急便:260サイズ(3辺の合計が260cm以内)、50kg以内
ほぼすべての楽器を送ることが可能!迷ったら佐川急便!

大型らくらくメルカリ便:メルカリガイドより楽器の発送はできません
⇒そもそも楽器が配送不可

クロネコヤマト:ハードケースに入れた楽器のみ配送可能
⇒ソフトケースに入れた楽器は配送不可

ゆうパック:170サイズ(3辺の合計が170cm以内)まで
⇒ソフトケースに入れたギターやベースが入るかどうか

らくらくメルカリ便:60サイズから160サイズまで
ゆうゆうメルカリ便:60サイズから100サイズまで
⇒サイズが小さいため楽器(ギター・ベース)は送れない

佐川急便・クロネコヤマト・ゆうパックの損害賠償の限度額は30万円です。
つまり配送業者に責任がある場合の荷物の破損は30万円まで弁償してくれます。

ただし、台風や家事などの天災や不可抗力の事故で破損した場合は賠償責任を受けられません

販売価格の設定

販売手数料10%、送料(約3,000~8,000円)を考えた販売価格を設定しましょう。
また値下げ交渉されることも考えて、希望売却価格より少し高めにしておくと良いでしょう。

販売価格の設定を自分で判断ができない場合は以下を参考にして下さい。

  1. デジマートなどで中古相場価格を調べる
  1. 楽器店の査定してみて楽器の買取価格を調べる(美品の場合、定価の30~40%が目安)
  2. 中古相場価格の85%を販売価格に設定する(送料、販売手数料込み)
  1. 販売利益が送料と販売手数料で楽器店の査定額を超えられない場合は楽器店で売る

 

メルカリで売る場合

中古相場価格:45,000円
楽器店買取査定:15,000円
販売価格の設定:38,250円(45,000円×85%)
送料:8000円(1番高い北海道などの離島に送ることを想定)
販売手数料:3,825円(販売価格38,250円×10%)

販売利益:26,425円(販売価格38,250円-送料8,000円-販売手数料3,825)

楽器店で売るよりも11,425円お得!

楽器店で売る場合

中古相場価格:12,000円
楽器店買取査定:3,000円
販売価格の設定:10,200円(12,000円×85%)
送料:8000円(1番高い北海道などの離島に送ることを想定)
販売手数料:1,020円(販売価格10,200円×10%)

販売利益:1,000円(販売価格10,200円-送料8,000円-販売手数料1,200円)

楽器店で売るよりも2,000円も損!

 

以上の情報を入力し『出品する』を押したら出品が完了です。

あとは購入されるまで待ちましょう。
あまりにも商品が売れない場合は値下げをしてみたり、情報を更新したりしてみましょう。

また安くてもどうしてもメルカリで楽器を売りたい人は、売れにくくなりますが『送料別』すると販売利益を得られやすいでしょう。

楽器店が近くにいなければ楽器の査定は『楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり』がオススメ!

おすすめポイント①:最短即日30分の無料の出張査定サービス
おすすめポイント②:出張料・配送料・査定手数料がすべて無料
おすすめポイント③:出張買取・宅配買取・持込買取が選べる
おすすめポイント④:キャンセル料がかからない

宅配買取のときの楽器の梱包方法はこの記事の続きを参考にどうぞ!

メルカリで楽器(ギター・ベース)を発送するときの梱包方法

楽器(ギター・ベース)を梱包するのに必要なもの

楽器(ギター・ベース)を梱包する方法(ソフトケースの場合)

  1. ギターの弦を緩める
  2. ヘッド(ペグ)とネックに緩衝材で保護する
  3. ソフトケースに入れ、緩衝材で全体を包みます
    (ケースがない場合は楽器全体を緩衝材で保護する)
  4. ダンボールに緩衝材で包んだ楽器を入れ緩衝材を隙間がないように入れる
    ⇒隙間があると配送中に楽器が動いて壊れてしまう可能性があります
  5. ダンボールの四隅を梱包用テープでしっかりで止めます

楽器(ギター・ベース)を梱包する方法(ハードケースの場合)

  1. ギターの弦を緩める
  2. ヘッド(ペグ)とネックに緩衝材で保護する
  3. ハードケースに入れる
  4. ハードケース全体を緩衝材で包みます
    (ハードケースに傷をつけたくない人の場合)

楽器(ギター・ベース)の梱包方法はこれで以上です。

メルカリで商品が売れてからの流れ

メルカリで商品が売れてからの流れは、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

mercari-after-selling
【画像付き】メルカリで商品が売れた後の流れを詳しく解説しますこんにちは、mocoです😊 メルペイのキャンペーンの影響でメルカリで取引する人が増えてきましたね。 しかし ...

メルカリで楽器を売るデメリット

やはり実際メルカリで楽器を売るとなったらデメリットが気になりますよね。

メルカリで楽器を売るときのデメリットをまとめました。

メルカリで楽器を売るデメリット①:売れるまでに時間がかかる

楽器店で楽器の買取を行うと即日で現金化することができます。

しかしメルカリでは即日で売れることもありますが、売れるまでに時間がかかることがほとんどです。

高い楽器ほど購入者も慎重になるのでしょうがないですね…。

私の場合はメルカリで1つ楽器を売るのに1~2週間ほどかかりました。

すぐに現金が必要な人は楽器店で売ったほうが良いです。

メルカリで楽器を売るデメリット②:出品、梱包、配送手続きなどの手間がかかる

メルカリで楽器を売るために以下のような手間がかかります

  • メルカリで出品する準備
  • 取引相手とのメッセージのやり取り
  • 楽器の梱包
  • 楽器の配送手続き

楽器を高く売るためには、その分の労力がかかります。

時間がない人や面倒くさがり屋の人は楽器屋で売ってしまいましょう。

メルカリで楽器を売るデメリット③:取引相手からクレームを受ける可能性がある

楽器店で楽器を売る場合、1度売ってしまえば、その後楽器店とやり取りすることはありません。

しかしメルカリの場合、購入者に楽器を送った後に商品の確認があります。

商品の確認の際に

  • 写真では確認できなかった明らかな傷がついていた
  • 付属品が欠品していた
  • ジャックにガリがあった

などのようなクレームを受ける可能性があります。

しかし、商品の状態や説明欄に細かい内容を記載していればクレームはほとんど起きません。
⇒私の場合は今のところメルカリで楽器を売った際にクレームは受けたことがありません

クレーム回避のために嘘の記載は絶対にやめましょう!

ただ出品者側に何も落ち度がなくても、思っていたのと違ったとか、なにかと理由をつけて返品しようとする質の悪い購入者が全くいないわけではありません。

このような場合はメルカリ事務局に連絡するなどの対処が必要となってきます。

取引相手とのやり取りが不安だったり、面倒な人は楽器店を利用することをオススメします。

メルカリで楽器(ギター・ベース)を売る方法と梱包・配送方法のまとめ

メルカリで楽器を売るのに時間と手間がかかります。

それでも少しの手間をかければ、楽器店で売るよりも数万円変わってくることもあります。

なるべく高く楽器を売りたい』と思っている人にはメルカリは非常にオススメですので、ぜひ出品してみてください。

ちなみに、この記事を見ても『やっぱりメルカリで楽器売るのが面倒臭そう…!』って思った人は楽器店で売りましょう。

楽器店の中でも『楽器の買取屋さん』のように人件費や店舗運営費を抑えるために店舗を設けず、WEBに特化して買取を行っているところが買取価格が高くなりやすいのでオススメですよ。